排水管水漏れトラブルを自力で直せる?見極めのポイントや予防策をご紹介

排水管 水漏れトラブルが目の前で起きているとき、今すぐどうにかしたいと思う人がほとんどでしょう。自分で直せるのか、それとも専門業者による水道 工事が必要なのか、見極めるポイントはいくつもあります。

■自力で直せる可能性は?

排水管の水漏れの原因が何なのか分からない場合は自力で直す術が分からない状態なので、専門業者に修理を依頼する必要があるでしょう。状態が悪化する前に早めに連絡を入れてください。
もしも原因が分かっている場合、替えの部品があり状態を改善できるようなら市販されている部品を購入して直してみましょう。ただし、床下から水がジワジワと滲んでいるほど水漏れの状態が酷い場合は一刻を争うので、専門業者に相談したほうが賢明です。
水漏れの勢いがそれほどひどくない場合は自力で治せる可能性が高いですが、原因が分からない場合や場所を特定できない場合、どの部品を変えたらいいのか分からないという場合は自力で直せる可能性が低いと判断しましょう。専門業者に連絡するのが面倒だし、修理費を払うのがもったいないなどと躊躇していると、状況を悪化させてしまうだけなので、早めの判断が必要です。

■あらかじめ予防する方法はあるのか

排水管の水漏れが起きないようにするために、あらかじめ予防する方法を実践するのも大切です。例えば、蛇口をひねるときに大量の水を一度に流さないことを実践してみましょう。異物を流していないし水を流すのだから詰まる心配がないと思うかもしれませんが、排水管も接続部品も消耗品ですから、大量の水を一度に流して負荷をかけるとそれだけ老朽化が早まります。大量に水を流す習慣はやめましょう。
そのほか、水に溶けにくいものや流れにくいものを流さないことも大事です。キッチンや洗面台、バスルームなどで時計や指輪を外した時、うっかり排水管に落としてしまうトラブルも少なくありません。自分だけは大丈夫と過信せずに、排水管に物を落とさないよう普段から注意して暮らすことが大切です。
ゴミがたまらないように定期的にパイプの中を掃除することも重要です。詰まってからでは遅いですから、詰まらないように普段からパイプ内清掃用のアイテムをストックしておきましょう。

■まとめ
水回りのトラブルは起きたときの対処と、トラブルが起こらないように予防すること、この二つが大切です。今はまだ大丈夫だからと思わずに、水回りのトラブルが起こらないような生活を心がけましょう。万が一のために専門業者の連絡先をピックアップしておくといいかもしれません。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ