排水管の水漏れトラブルは自分で水道修理してみよう

水道 修理が自分で出来る場合、用意しておくと便利なものが水漏れ修理専用のテープです。どんな種類があるのか、どうやって使ったらいいのか知っておくと万が一のとき、とても役立ちます。

■水漏れ修理専用テープの種類

排水管の水漏れのトラブルが目の前で起きたとき、水漏れ修理専用のテープがあると重宝します。防水補修テープは、テープの一面だけが防水仕様になっているので、水が漏れるのを防ぐことができます。伸びのいい性質を持っているため、まっすぐな表面だけでなく部品が細かくてデコボコしている場所や、カーブに沿ってしっかり貼ることが可能です。
自己癒着テープは、テープというネーミングであるものの粘着剤や接着剤などを一切使っていません。テープそのものが貼った場所に癒着する性質を持っています。糊となる成分が一切使われていないので、ジワジワ水が漏れているケースだけでなく、ポタポタ水漏れの場合にもおすすめのアイテムです。自己癒着テープを貼ったあとは、保護するために上から保護用のテープを貼るとさらに耐久性を高めることができます。
水道用のラップテープは広く使われているテープの一つで、素材はシリコンゴムです。ラップテープでぐるぐる巻いたあと、修理を終えて剥がしたあとでもベタベタしない特徴を持っています。
テープでは足りない場合はシートタイプがおすすめです。広い範囲を一度に補修できるので万が一に備えて準備しておくといいでしょう。

■水漏れ修理専用のテープの使い方

排水管の水漏れが起きたときに便利な水漏れ修理専用テープですが、正しく使うことでそれぞれの能力を十分に発揮させることができます。
まずは水が漏れているところをキレイに拭いてください。水で濡れているのは仕方がないにしても、ゴミなどの汚れが付いていると粘着力が弱くなるので汚れはしっかりふき取ります。
あらかじめテープをカットしておくこともおすすめします。巻いてからカットするとテープが絡まる可能性があるので、必要な量をカットしておくことで作業がスムーズに進みます。
そしてどの種類のテープも少しずつ引っ張るように張り付けましょう。密着度が増すことで水がこれ以上漏れるのを防ぐことができるようになります。

■まとめ
テープの種類によって値段は様々ですが、一般的に高くても3,000円以内、安くて500円程度で購入できます。それぞれの特徴を把握して、万が一に備えて準備しておくことが大切です。どこにしまったのか分からなくならないよう、水回りの近くに置いておくといいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ